マルチ2はありません

広島製作所 日鋼テクノ(株)出向 製造部
生産技術課

日本製鋼所設計部門と日鋼テクノ製造部の懸け橋

株式会社日本製鋼所広島製作所の製造部門が分社独立した日鋼テクノ株式会社は、素材製造、機械加工、熱処理、溶接、組立までの一貫した製造技術を有しています。私は日本製鋼所から日鋼テクノに出向し、生産技術課のスタッフとして働いています。生産技術課スタッフの役割は、日本製鋼所広島製作所の設計部門と日鋼テクノ㈱製造部の懸け橋になることです。良質な製品を安く・早く作る工程を検討し、世の中の最新技術を調査して新しい製法や材料の開発等を推進しています。

 

製造部にはプロの仕事をするたくさんの職人の方がいます。例えば、日本製鋼所の樹脂機械製品には、溶接技術が多くの所に使われています。溶接は「芸術」と呼ばれるほど、人の技が品質を左右します。新しい構造の製品を作る際には、各部門の職人の方々の意見を集約して、品質、コスト、納期でバランスのとれた全体最適な工程を検討していく必要があります。そこでは、総合的な製造技術の知識、工程設計能力及び他部門の意見を調整するコミュニケーション能力等が求められます。これらの能力が卓越した状態が、私の職務である生産技術スタッフの行き着くべきプロの領域。私はまだまだその境地に至っておらず、自分の仕事をこなすには周りの助けが必要です。日々妥協せず努力を惜しまず、職務を遂行していきたいと思っています。

「修羅場」を原動力に、変革を成長のチャンスに

大学時代、私は材料と機械の両方を専門に学んでいました。素材とメカトロニクスの総合企業である当社であれば、大学で学んだ知識が活かせると思い志望しました。入社の決め手は人。工場見学から最終面接に至るまでに出会った当社社員の方々の印象が良く、ここで働きたいと感じました。

 

入社前、当社には鋼を作っているだけあって、お堅いイメージを持っていました。歴史が長く、古いしきたりや伝統が根強そうだったからです。しかし現在、当社での仕事の印象は、「変革」という一言で表現できそうです。近年、IoT化が加速し、団塊世代から若い世代へのバトンタッチが進み、当社も急激に変化しつつあるように感じます。この変化は、ベテランが抜けることによる技術力低下というピンチとも言えますが、若い世代の意識が高まって新しい風が吹き込まれる成長のチャンスだと捉えています。

 

「修羅場をくぐれ」。入社間もないころに上司から頂戴したこの言葉は、勤務年数を重ねる度にその重みを増しています。実力の差を思い知らされた辛い経験は、私の原動力になっています。一方、お客様の抱えている問題の原因を調査・解析から突き止めた時や、立ち上げから担当していた新製品が出荷されお客様が満足して使用している様子が確認できた時は充実感につながりますね。

会社とつながるすべてに貢献する

世の中の急速な変化に伴って、お客様の要求は多様化・高度化し、様々な課題や問題も抱えるようになりました。そこに対して私は、設計や営業とともにお客様が抱えている問題が何かを五感で感じとり、製造技術面から解決策を模索していきたいと考えています。製販一体となってお客様満足度を向上させ、世界中から必要とされる当社の地位を確固たるものにするための一翼を担っていきます。

 

当社では、自分のアイディアをアピールする機会が多く与えられます。やる気と根性さえあれば、若手社員の時からそれを具現化できます。諸先輩方々はアイディアと熱意があれば、どなたにも快く協力してくれます。

 

学生の皆さんにお伝えしたいのは、自分は何をしたいかではなく、自分は誰に何を与えられるかという視点を持つこと。後悔するかしないかは志ややる気の有無に関わらず、どの会社に入社したかではなく、入社した会社でいかに貢献できるかで決まる気がしています。会社への貢献は、会社とつながるすべての人、社会、環境への貢献と同義。その貢献が喜びとなり、自分の糧になっていきます。