マルチ2はありません

広島製作所 日鋼テクノ(株)出向 製造部
機械課

加工における問題点を洗い出し、治工具を整備する

私は射出機製品において設計グループから出図された製品図面をもとに、加工における問題点の洗い出しと、加工の際に必要な治工具の整備を担当しています。また、機械課全体として、現場で必要な購入品の調達業務も行っています。自分で設計した冶具が使用され問題なく製品が完成した時や、現場と一緒に改善活動(問題解決)をする際に良い結果が得られ目標を達成できた時には、達成感を覚えます。

 

普段の仕事で心掛けていることは、加工しやすい図面の要求や標準化の追求です。たとえば図面上での問題点を設計サイドに指摘すると、「お客様要望なので」と言われるケースは少なくありません。しかし、いくらお客様要望の図面仕様であったとしても、加工困難なものや標準仕様から外れるものは納期、品質、管理など様々な面に影響が出てくるため、しっかり指摘していく必要があります。それがプロとしての責任でもあります。

見る側から見られる側に変わり意識して仕事

大学のゼミ教員から勧められて関心を持ち、入社してから10年以上が経ちました。社員の年齢は幅広く、入社当初はベテランの方に対して勝手に威圧感を感じ、コミュニケーションの取り方に苦労した覚えがあります。しかし、今や私も社内での立場は中堅どころとなり、後輩も増えていく中、見る側から見られる側に変わってきています。自らの行動で模範を示せるようによう、意識しながら仕事ができればと思います。

 

社内にはいくつか課題があります。生産工程の上流部分と下流部分が別会社になっていることからか、うまく連携が図れていない場面があります。また社員個人レベルでも、部署により差はあるものの、人が少ないため兼務が多くなっています。こうした課題もなるべくクリアしていけるよう、仕事の仕方をできるだけ工夫していきます。

 

素材製作から組立まで、ものづくりを一貫して見ることができる。さらに、会社が積み上げてきた長い歴史の名残を随所に感じられる。当社の面白みはこうした点にあります。当社を志望される学生の皆様は、今持っている信念や気持ちを曲げずに持ち続けることを大事にしてください。