マルチ2はありません

広島製作所 電装技術部
機械電装設計グループ

フィルムシート製造装置のプログラムを開発

フィルムシート製造装置のプログラム開発を行っています。お客様に使いやすく、満足してもらえる製品であるよう、課題やニーズに対して機能改善を図っています。現在の業務は、未知な領域の部分が大きく、日々検討の繰り返しですが、新しい発見が刺激になり、やりがいに繋がっています。技術進捗でのプレゼンテーションは、何度経験しても緊張しますが、無事終えられた時には達成感を得られます。達成感という意味では、自分が組んだプログラムが、運転で思い通りの動きをしてくれた時も同様です。

 

私にはまだ、プロフェッショナルだと胸を張って言えるようなポイントは見当たりません。ただ、現在製品に取り込むために開発している技術は複雑で難しく、今までにない新しいものです。開発初期は1からの勉強でしたが、現在は実機に搭載させて、所内で運転テストを行う段階まで進んできています。この技術を習得して、自分の強みとなる部分を1つでも多く作り上げていきたいと思っています。

「世界に誇るモノづくり技術」に魅了

日本製鋼所を初めて知ったのは、学校で開かれた合同企業説明会の展示ブースでした。100年以上にわたって培われた高い技術力と、世界トップレベルのシェアを誇る製品を数多く開発している点に、大きな魅力を感じました。当時、私はちょうど研究室で高効率化を目指した太陽電池の作製を行っており、モノづくりの楽しさがやっと分かってきたという時期にありました。そのため「世界に誇るモノづくり技術」というワードが頭から離れず、私もこの会社の一員になりたいと感じていました。そして、実際に工場見学で次々と作り上げられていく大型製品を目の当たりにした瞬間、入社を決めていました。

 

学生時代の専攻は電気分野だったため、入社後も当然電気の知識を活かして仕事を進めていくものだと思っていました。ただ現在の仕事を考えてみると、たしかにそうした部分も当てはまっていますが、それだけではなく電気によって動く機械装置についての知識も重要です。時には機械設計者の方に質問することもあり、自分の考えや疑問を上手く伝える能力や、開発テストで担当者の方とうまく情報共有するコミュニケーション能力など、専門知識以外のスキルも同じくらい重要だと実感しています。

「やるべき仕事」「やりたい仕事」「やれる仕事」を意識する

普段の業務とは離れますが数年前の社内研修で、今の自分の仕事が「やるべき仕事」「やりたい仕事」「やれる仕事」のどこに当てはまっているかを振り返り、徐々にこの3つの属性が重なるようスキルアップし、自分の立ち位置をズラしていくことが大切であると教わりました。当時は、振られた仕事をひたすらこなすことしか考えていませんでしたが、この言葉をきっかけに、仕事のやりがいをはじめ色々な部分を広い視野で振り返るようになり、仕事に対する考え方に変化が出てきました。

 

当社には分からないことがあっても、すぐ近くに聞ける人がいる、そして質問しやすい雰囲気があります。職場の風通しが良く、部署を越えてディスカッションすることも珍しくありません。こうした社内環境を活かしながら、今後はフィルムシート製造装置全体を視点に置いたエンジニアリングの技術を習得し、フィルムシート製造装置のさらなる高品質化を目指します。最終的には、お客様の製品品質向上にも繋げていきます。