マルチ2はありません

室蘭製作所 鋳鍛製品部
鍛鋼グループ

火力発電所向け鍛造鋼管と製鉄所向け圧延ロールを担当

現在所属している部署の仕事は、製品の製造全般の管理です。なかでも私は火力発電所向け鍛造鋼管と製鉄所向け圧延ロールを担当し、見積から仕様書作成、製造計画などを行っています。また、担当製品の抱える課題を見つけ、他部門と連携しながら品質改善、コスト改善を行うことも業務の1つ。火力発電所向け鍛造鋼管は主に国内、製鉄所用圧延ロールは世界中に納入しています。両製品とも競合とのコスト・工期の競争が激化していますが、お客様の要求を満たせるよう絶えず改善活動を進めています。

 

担当している製品は全てオーダーメイド品。製造開始から出荷まで1年以上かけて造るものもあります。見積からはじまり、受注が決まってから、私が作成した仕様書や指示書にそって製品が少しずつ形になっていきます。製品が無事出荷された瞬間は、大きなやりがいを感じますね。一方で、良い製品を製造するためにはお客様のみならず、製造部門への気配りも大切。担当製品の製造指示書は見やすく、分かり易くなるよう注意して作成しています。

過剰品質は「芸術品」に他ならない

大学で学んだ材料分野の知識が活かせるし、製品1つひとつが大きく、技術者として働いたら面白そう。これが志望動機です。工場見学で製品の鍛造を目の当たりにし、その迫力に感動したことが入社の決め手になりました。

 

入社する前は、技術系社員は製造技術や研究・開発が主な業務で、お客様と直接関わる機会はあまり無いと思っていました。しかし私が所属する部署では、仕様の打合せや製品のPRなどでお客様と接する機会が多くあり、意外でした。実際に製品を使用するお客様から直接感謝の言葉をいただいた時は、製造の現場だけでは感じることができない達成感を味わえました。

 

上司や先輩社員は、丁寧に仕事を教えてくれます。失敗してもフォローしてくれ、安心して仕事ができる環境が整っています。もちろん、時には厳しい指摘もあります。たとえば私が過剰品質気味の製造を計画した際、上司から「芸術品を作っているわけじゃない」と言われたことがあります。顧客要求の品質を満たすのは当然。ただし、必要以上の品質で製造したことで、価格が高くなったり工期が延びてしまったりするようなら、それは不要な過剰品質。製品としてどこまでの品質が求められているのか、顧客の要求を正しく理解する必要があると感じました。

どこで何に使われているか分かる醍醐味

当社の魅力は世界中のお客様を相手に、グローバルに活躍できる点にあります。納める製品の多くは重要部材であり、お客様の品質要求は厳しいですが、その分完成した時の達成感は大きいものになります。また、1つひとつの製品がオーダーメイドであるため、自分が担当した製品がどの国のどの場所で何に使われているかが分かることも、当社の面白いところではないでしょうか。

 

所属している部署では、さまざまな鍛鋼品を扱っています。今後はこうした製品を担当し、これまで蓄積されてきた既存の技術をしっかり学んでいきます。現状、鍛鋼品は需要の変化が激しいことから、需要の有無や競争力を見極めて素早く対応する必要があります。そうした変化への対応力を身に着けた技術者になりたいと考えています。また、今ある技術や設備でどのようなことができるかを把握し、新製品を製造するチャンスを見逃さないようにしていきます。