マルチ2はありません

広島製作所 樹脂製造機械部
造粒機グループ

造粒機とその周辺機器全体の取りまとめ役

“造粒機”と呼ばれる機械とその周辺機器全体の設計を取り纏め、技術面におけるお客様との窓口を担っています。造粒機とは、プラスチック製品を作るための原料である粒(ペレット)を石油から作り出す機械。世界中に供給されるプラスチックの源泉を生み出す機械です。以前所属していた部署では組立工場の建設に携わりましたが、今度はその工場で私が設計した機械が組み立てられ世界中に出荷されていっています。自分が仕事をした実績が今後何十年と残り、世の役に立っていくことに達成感を覚えます。

 

プロとしての醍醐味は、お客様との交渉において双方ともに満足する結果にたどり着いた瞬間です。お客様との交渉は、私の業務の中で最も大変な仕事の1つ。交渉時に理詰めで主張しても、お客様にも諸々事情があり、議論がなかなか進展しないこともあります。そうした難しい状況下で、お客様の考えも尊重しながら当社としてベストな提案をする。これが総括設計者としての腕の見せ所です。

業務効率化を意識させた先輩の“叱責”

当社を志望したきっかけは、インターンシップで目にした光景でした。インターンシップを利用して日本製鋼所グループの日鋼テクノ株式会社の研修に参加した際、リーダーと班員の統率が取れているところにカッコよさを感じました。また、当時の研修担当だった方が、親身になっていろいろと教えて下さった点も良い印象を持ちました。入社の決め手は海外でした。私は以前から海外のお客様と関わる仕事をしたいという思いが強くあったため、すでに海外で地盤を築いていた当社とマッチング度が高かったことが大きかったです。

 

「残業して頑張っとる風にするんじゃないで!!」。入社後、先輩から言われたこの言葉は、今でも忘れられません。工場で設備管理を担当していた時期に、繁忙期が重なり残業をしていたところ、先輩からこのようにきつい口調で叱られました。就業時間中、自分なりに本気で業務に取り組んでいたつもりだったため、その時は落ち込みました。しかし後でよくよく考えてみると、先輩の真意は「残業せずに早く帰れるよう、業務を効率化しなさい」という点にあったのだと思います。今もその先輩に会うたびに「仕事も大事だが家族も大事にしろよ!」とご指導いただきます。高い次元で仕事と家族を両立できるよう、業務効率化について常に意識させられる思い出です。

手を挙げればチャンスは回ってくる

当社の1つの特徴に、社宅や寮、社員食堂など充実した福利厚生及び教育プログラムがあります。各種留学プログラムもあり、実際に私も米国に4か月間、語学留学させて頂き、英語力や発信力を磨くことができました。

 

自分の力を発揮してみたい!と望めば、機会が回ってくる会社です。学生のうちから人には負けない分野を作って磨いておくと、活躍の場が大きく広がります。学生の皆さんにお伝えしたいのは、学業はしっかりと修めて下さいということ。学生時代の勉強は、すぐには業務に役立たたないかもしれません。それでも、広い分野についてしっかりとした基礎が身に付いていれば、入社後に学ぶ実践的なことがより早く身に付くはずです。

私はこれからもお客様の満足する機械を提供していきます。さらに究極的には、お客様が未だ気づいていない需要をこちらから提案して引き出せるような活躍を目指します。