横浜製作所とは

横浜製作所は、日本製鋼所の中では産業用精密機械の生産を担当し、最新鋭の設備や実験棟を増やすことで更なる進化を遂げています。

その中でも当製作所が作成しているELA(エキシマレーザーアニール)装置は当社を代表する製品であり、IT関連装置の中核を担う存在です。

 

 

操業開始:1936年(昭和11年)

工場敷地:約32,790㎡

従業員数:約300名

主な設備

製品が完成するまで

横浜製作所の注目ポイント

横浜製作所では、今まで蓄積したノウハウを活かし、最新精密工作機械や測定機器を更新することで技術革新に努めています。

その中で大切にしていることは、ただ単に装置を開発するだけにとどまらないこと。

分析装置等を使いながらプロセスの開発も大切にすることで、お客様のニーズを満たす製品開発を目指しています。

主な設備

走査電子顕微鏡
拡大
走査電子顕微鏡
X線回折装置
拡大
X線回折装置
フロープ顕微鏡
拡大
フロープ顕微鏡