室蘭製作所とは

室蘭製作所は、日本製鋼所の発祥の地です。創業より民間最大の兵器会社として蓄積してきた技術をベースに、戦後は民需転換を経て、現在では、世界のエネルギー産業向けに大型鋳鍛鋼品、鋼板、各種塔槽等を供給し続けています。

 

 

操業開始:1907年(明治40年)
工場敷地:約1,111,023㎡ 
従業員数:約800名

主な製品

製品が完成するまで

室蘭製作所の注目ポイント

室蘭製作所では、世界最大670トン鋼塊の製造が可能で、各種産業へ向けて大型鋳鍛鋼品を数多く提供しています。
これを可能とするのは、14,000トン油圧プレス機をはじめとする最新の巨大生産設備であり、世界有数の素形材メーカーとして高い評価を得ています。

主な設備

ハイパワー電気炉
拡大
ハイパワー電気炉
エレクトロスラグ溶解炉
拡大
エレクトロスラグ溶解炉
油圧プレス
拡大
油圧プレス
広巾厚板圧延機
拡大
広巾厚板圧延機