広島製作所とは

広島製作所は、プラスチック加工のエキスパートとして最新鋭の産業機械を開発・製造しています。また、防衛機器の開発・製造も行っており日本の平和と安全にも貢献しています。

とりわけ産業機械事業は、諸工業の発展に伴ってお客様のニーズも多様化しており、当製作所としても、これまで培ってきた高度なノウハウを活かし、高精度・高信頼性・省エネを実現する機器の開発に努めています。

 

 

操業開始:1920年(大正9年)

工場敷地:約340,000㎡

従業員数:約2,000名

主な製品

製品が完成するまで

広島製作所の注目ポイント

広島製作所では、単に研究開発を行うだけでなく、「お客様の課題解決に繋げる」という考えを大切に技術革新に努めています。

多様なニーズに応えるべく技術開発センターを設置して、お客様からの各種相談を受けるとともに、市場の変化に対応したプラスチック製造機械から加工機械までの一貫した開発体制を備えています。

主な設備

第一フィルム実験棟
拡大
第一フィルム実験棟
押出実験棟
拡大
押出実験棟
第二フィルム実験棟
拡大
第二フィルム実験棟
射出機センター
拡大
射出機センター